2020年 ナイジェリア独立記念日(60周年)
2020年 ナイジェリア独立記念日(60周年) image 0
2020年10月1日 Nigeria Independence Day 2020 ロゴ大 ロゴ小 表示された国 ナイジェリア 独立記念日 Independence Day:独立記念日 「10月1日」はナイジェリアの「独立記念日」です。 「1960年10月1日」に「イギリス」から独立しています。 現在のナイジェリアの周辺は、古くはジョス高原を中心に鉄器文化などが栄えました。 14世紀以降は、「ベニン王国」や「ソコト帝国」等が興りますが、15世紀になるとヨーロッパ人の来訪が始まります。 16世紀になると、ポルトガル人が「ラゴス」を建設し、奴隷貿易の拠点とします。 この時からナイジェリアの植民地化が始まりました。 海岸地帯は、多くの黒人奴隷が売られ、ヨーロッパや南北アメリカ大陸へ運ばれる奴隷貿易船に乗せられ、「Slave Coast:奴隷海岸」という名称でも呼ばれていました。 18世紀後半頃から、人道主義の立場から奴隷貿易廃止の気運が高まってきます。 これを受けて、1807年、イギリスが世界に先駆けて「アフリカ人奴隷貿易禁止」を打ち出しました。 アフリカ沿岸に多数の艦艇を配置して奴隷貿易を取り締まり、「ラゴス」などポルトガル人の奴隷貿易港湾を制圧します。 その後、奴隷貿易の代わりに、カカオ等の農産品を中心とした商品貿易に力を入れ始めます。 そして、イギリスは「ベニン王国」や「ソコト帝国」などを滅ぼし、植民地化を進めました。 1901年にはイギリス保護領、1914年にはイギリス植民地となります。 第2次大戦後、アフリカ各地では独立の気運が高まります。 特にフランスでは1960年に「シャルル・ド・ゴール」さんが自国の13ものアフリカの植民地の独立を認めています。
ガラパゴス諸島を称えて
ガラパゴス諸島を称えて photo 0
2020年5月31日 この日、「エクアドル」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。 Celebrando a las Islas Galápagos Celebrating the Galápagos Islands Ünnepeljük a Galápagos-szigeteket ガラパゴス諸島を称えて ロゴ大 ロゴ小 スライドショー式のロゴで、以下のサイトで確認できます。 ▼ https://www.google.com/doodles/celebrating-the-galapagos-islands 表示された国 「エクアドル」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。 ガラパゴス諸島 Islas Galápagos:ガラパゴス諸島 エクアドル領の諸島です。 南米、エクアドルから西に900kmほど離れた場所にあります。 「Galápago」は、スペイン語で「カメ」を意味する言葉で、「Islas Galápagos」は、「カメのいる島々」という意味になります。
スバックを称えて
スバックを称えて photo 0
2020年6月29日 Merayakan warisan budaya, Subak ロゴ大 ロゴ小 表示された国 インドネシア スバック Subak:スバック 「Subak:スバック」とは、インドネシアのバリ島にある水田の水管理(灌漑)システムです。 8~9世紀頃に、形成されたといわれています。 バリ島は山地がく、水田のほとんどが棚田です。 そこに水を供給するために、水管理(灌漑)システムが生み出されました。 ある程度の区画ごとに、水田の所有者が水を共同管理して運営していくシステムです。 各水田に公平な水の配分を行ったり、過度な取水については注意を行うなどの活動を行う他、各スバックが寺院を持っており、水の神や稲の神などに対する神事やお供えなども古くから行われてきました。 このシステムが、バリ島の農業を現在まで支えてきました。 2012年には「バリ州の文化的景観:トリ・ヒタ・カラナの哲学を表現したスバック・システム」として世界遺産にも登録されました。 2012年6月25日〜7月5日にかけて、ロシアのサンクトペテルブルクで行われた「第36回世界遺産委員会」において、「6月29日」の議論で世界遺産への登録が決定しました。 この日を記念してロゴが変更となりました。 ロゴデザイン バリ島の水田の風景がロゴになっています。 【世界各国の「Google」検索URL 一覧】 ▼ インドネシアのGoogleサイト:Subak  → https://www.google.co.id →→→ 他の国のロゴを表示させる方法
2019年 母の日(アルゼンチン)
2019年 母の日(アルゼンチン) photo 0
2019年10月20日 !Feliz día de la madre! ロゴ大 アニメーションロゴで、以下のサイトで確認できます。 ▼ https://www.google.com/doodles/mothers-day-2019-argentina ロゴ小 表示された国 アルゼンチン 母の日 Día de la Madre:母の日 母の日は国により日付はバラバラです。 アルゼンチンの母の日は「10月第3日曜日」です。 そのため、今年(2019年)は10月20日となっています。 その由来は?? というと、、、 1962年~1965年に開かれた、現代のカトリック教会を方向づけたと言われている「第2バチカン公会議」以前の風習が元になっています。 現在、「1月1日」に定められているローマ・カトリック教会の祝日「神の母聖マリアの祝日」が「第2バチカン公会議」以前の典礼歴では、「10月11日」でした。 昔から、アルゼンチンでは「10月11日」は、「神の母聖マリアの祝日」として母親を敬う、また、家族で過ごすという風習がありました。 現在では、アルゼンチンでも「神の母聖マリアの祝日」は「1月1日」になっており、その日にお祝いをしています。 この以前の「10月11日」時代の名残で、「母の日」は「10月第3日曜日」になったと言われています。 アルゼンチンでは「母の日」には、その季節の花を贈るという習慣があるそうです。 ロゴデザイン
2020年 国際女性デー
2020年 国際女性デー image 0
2020年3月8日 International Women’s Day 2020 2020年 国際女性デー ロゴ大 ムービー(再生してみてください) ロゴ小 表示された国 世界のほとんどの国で変更されています。 国際女性デー 国際女性デー:International Women’s Day 「国際婦人デー」や「国際女性の日」と呼ばれる事もあります。 「1904年3月8日」にアメリカのニューヨークで女性労働者が婦人参政権を要求してデモを起こしたことが記念日の制定理由となっています。 このデモを受けて、ドイツの社会主義者「クララ・ツェトキン」さんが、1910年のコペンハーゲンでの国際社会主義者会議で記念の日とするよう提唱しました。 このことから、彼女は「女性解放運動の母」と呼ばれています。 日本では、「1923年3月8日」に社会主義フェミニスト団体の「赤瀾会」が初の集会を開催しました。 国連でも1975年の3月8日以来、この日を「国際婦人デー」と定め、加盟国に対し「女性の十全かつ平等な社会参加の環境を整備する」ように呼びかけています。 最近では「女性に感謝する日」としての意味合いも強くなってきています。 イタリアでは、「FESTA DELLA DONNA(女性の日)」、「Ilgiorno della Mimosa(ミモザの日)」とも呼ばれ、男性が日ごろの感謝を込めて、母親や奥さん、同僚などに、この時期にシーズンを迎える黄色い花「ミモザ」をプレゼントする風習があります。 この時期のイタリアは町中がミモザ一色になるようです。
バヒガ・ハーフェズ 生誕112周年
バヒガ・ハーフェズ 生誕112周年 image 0
2020年8月4日 ‎‎الذكرى 112 لميلاد بهيجة حافظ‎ Il y a 112 ans naissait Bahiga Hafez ロゴ大 ロゴ小 表示された国 エジプトをはじめとした、北アフリカの国々で表示されています。 「バヒガ・ハーフェズ」さんって?? بهيجة حافظ:Bahiga Hafez:バヒガ・ハーフェズ エジプトの映画女優、作曲家、映画監督です。 「1908年8月4日」に生まれて、「1983年12月13日」に逝去されています。 そのため、生誕112周年になります。 ムハンマド・アリー朝時代のエジプト、アレクサンドリアで、貴族の子として生まれます。 家庭は音楽一家で、彼女も子供の頃からピアノ演奏や作曲に触れていました。 フランス、パリで本格的に音楽を学び、音楽家として活動を始めました。