2015年 アンゴラ独立記念日

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2015年11月11日

この日、「アンゴラ」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

ロゴ大

1511114

ロゴ小

1511115

表示された国

1511116

アンゴラ

独立記念日の由来

アンゴラは「1975年11月11日」にポルトガルから独立しています。

15世紀後半にポルトガル人がコンゴ川河口に到着すると、それ以降、ポルトガルによる植民地化が進んでいきます。

16世紀以降は各地への奴隷供給地となります。

その間、ポルトガルの支配に対して、抵抗を繰り返しましたが、ポルトガルの支配から脱却することはできませんでした。

第二次世界大戦後、アフリカ各地では独立の気運が高まります。

1951年、ポルトガルの首相「アントニオ・サラザール」さん(エスタド・ノヴォと呼ばれる独裁政権)は、この気運を避けるために、「植民地」ではなく、「海外州」という呼び名にします。

形式上本国ポルトガルと同等の立場であるとされ、多数のポルトガル人の入植を奨励していきます。

ですが、高まる独立の機運が収まることはありませんでした。

そして1961年「アンゴラ独立戦争」が始まります。

独立戦争は長期化します。

1974年になると「ポルトガル」本国で異変が発生します。

第二次世界大戦後から続く植民地との独立戦争が財政を圧迫し「ポルトガル」の経済状況が悪化してしまったことを受けて、軍事クーデターが発生します。(カーネーション革命)

アンゴラだけでなくモザンビークとも独立戦争を行っていました。

この革命により、1933年から続いていた「エスタド・ノヴォ」と呼ばれる「ポルトガル」の独裁政権は終わりを迎えます。

この革命がきっかけになり、1975年11月11日にモザンビークは「アンゴラ人民共和国」として独立を宣言します。

ロゴデザイン

「Google」の文字の真ん中に「アンゴラ国旗」がデザインされています。

15111110

国旗のカラーの黒はアフリカ大陸、赤は独立運動中に流されたアンゴラ人の血を表しているそうです。

星のついた歯車とナタは、労働者を象徴しているそうです。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

アンゴラのGoogleサイト「Dia da Independência de Angola」
 → https://www.google.co.ao

検索される言葉は、「アンゴラ独立記念日」です。

関連記事



© 2020 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク