2016年 モロッコ独立記念日

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2016年11月18日

この日、「モロッコ」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Anniversaire de l’Indépendance du Maroc

ロゴ大

1611184

ロゴ小

1611185

表示された国

1611186

モロッコ

独立記念日

「モロッコ」は「1956年」にフランスから独立しています。

ところが独立記念日を調べてみると「1956年3月2日」と「1956年11月18日」の2日がでてきます。

「1956年3月2日」:フランスとの独立協定調印の日。

「1956年11月18日」:「ムハンマド5世」国王が独立宣言を読み上げた日。

モロッコの独立には「ムハンマド5世」国王が大きく関わっています。

彼は1909年8月10日に生まれ、1927年、父の死により即位します。

当時のモロッコは「フランス保護領モロッコ」という立場でした。

第二次世界大戦後に「ムハンマド5世」がフランスからの独立運動を指導します。

それがフランスの逆鱗触れ、1953年にフランス政府により、廃位に追い込まれます。

1953年には「コルシカ」に、翌1954年には「マダガスカル」に追放されます。

この国王の追放が国民の独立運動を促進しました。

その後、フランスがインドシナ戦争で疲弊するなどの状況に陥ったため、モロッコへ対する態度を軟化。

「ムハンマド5世」は「1955年11月16日」に帰国します。

その2日後の「1955年11月18日」にモロッコの今後について演説を行います。

それから、フランスとの独立交渉を進め、「1956年3月2日」はフランスとの独立協定調印します。

そして、王位復帰の演説の1年後の「1956年11月18日」に独立宣言を読み上げます。

この日が由来となっています。

ロゴデザイン

モロッコの国旗カラーで「Google」のロゴがデザインされています。

モロッコ国旗

15111812

1611184

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 モロッコのGoogleサイト:Indépendance du Maroc
 → https://www.google.co.ma

検索される言葉は「モロッコの独立」です。

過去の「Googleロゴ」

昨年(2015年)のこの日11月18日に「2015年 モロッコ独立記念日」のロゴが表示されました。

 → 2015年 モロッコ独立記念日(2015年11月18日 表示)

関連記事



© 2020 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク