Lebanon Independence Day 2016

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2016年11月22日

この日、「レバノン」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

2016年 レバノン独立記念日

ذكرى استقلال لبنان

ロゴ大

1611221

ロゴ小

1611222

表示された国

1611223

レバノン

独立記念日??

「レバノン」の独立記念日は「1943年11月22日」とされています。

「レバノン」の地域は16世紀頃から、オスマン帝国の統治下にありました。

第1次世界大戦でオスマン帝国が衰退すると、フランスの統治下に入ります。

1920年3月8日、ハーシム家のファイサル1世が国王となり「シリア・アラブ王国」として独立します。

しかし、すぐにフランスと衝突。

「フランス・シリア戦争」で「1920年7月24日」にフランス軍に占領され敗北。

4ヶ月あまりで瓦解してしまい、またフランスの占領下に戻ってしまいます。

第2次世界大戦が始まると、ドイツ軍がフランス国土に侵攻し、フランス本土を占領します。

その際にレバノンはシリアと共に独立を宣言します。

その時の大統領は「ビシャラ・アル・フーリー」さん。

「1943年11月8日」のことです。

あれ? 「11月22日」ではないの?? という話になりますが、、、

この独立に対して快く思っていなかったフランス側が11月11日に「ビシャラ・アル・フーリー」さんを拘束してしまいます。

ところが、この逮捕に国民の反発が強く、結局フランス側は解放します。

その「ビシャラ・アル・フーリー」さんがフランスから解放した日が拘束から11日後の「11月22日」でした。

この日が「独立記念日」と定められました。

ロゴデザイン

レバノンの国旗カラーで「Google」のロゴがデザインされています。

レバノン国旗

1511224

1611221

ロゴの内には「レバノンスギ」が描かれています。レバノンでは国旗に描かれるほど象徴的な木とされています。

「レバノンスギ」は古くから存在している木ですが、現在では古代文明の頃からの長年に渡る伐採により絶滅が危ぶまれています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 レバノンのGoogleサイト:ذكرى استقلال لبنان
 → https://www.google.com.lb

検索される言葉は「レバノンの独立」です。

過去の「Googleロゴ」

昨年(2015年)のこの日11月22日に「2015年 レバノン建国記念日」のロゴが表示されました。

 → 2015年 レバノン建国記念日(2015年11月22日 表示)

関連記事



© 2020 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク