ウマル ハイヤーム 生誕971周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2019年5月18日

この日、多くの国でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

الذكرى 971 لميلاد عمر الخيام

Omar Haýýamyň 971-nji doglan güni

Ömer Hayyam’ın 971. Doğum Günü

ウマル・ハイヤーム生誕 971 周年

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

多くの国で変更されています。

「ウマル・ハイヤーム」さんって??

عمر خیّام:ウマル・ハイヤーム

(オマル・ハイヤームとも表記されます。)

セルジューク朝ペルシア時代の詩人、数学、天文学者です。

現在のイラン暦の元となった「ジャラーリー暦」を作成したことで知られています。

「1048年5月18日」に生まれて、「1131年12月4日」に逝去されています。

(この日付の正確性については、現在でも不明です。)

そのため、生誕971周年になります。

現在のイラン北東部の「ニーシャープール」に生まれます。

幼少の頃から、地域で1番の学者と言われていた「イマーム・ムワッファク」さんの元で学びます。

伝承、逸話では、「ハサン・サッバーフ」さん、「ニザームルムルク」さんと共に学んだと言われています。

3人は友人となり、誰か1人でも栄達した際には、互いに助け合おうと約束をしています。

一番最初に栄達したのは、「ニザームルムルク」さんであり、その際には、残りの2人は、助けを求めたと言われています。

後に、「ニザームルムルク」さんは、セルジューク朝の宰相まで昇進し、また、「ハサン・サッバーフ」さんは、イスラム教ニザール派の開祖となります。

幼少の頃から優秀で、数学、天文学をはじめとして、医学、語学、歴史、哲学など、多くの学問を修めました。

イスラム世界を代表する学者「イブン・スィーナー(980年〜1037年)」さんの影響を受け、彼の業績を更に進化させました。

哲学では、「イブン・スィーナー」さんの思想を引き継ぎ研究を続け、また、数学では、三次方程式の一般解を見出しました。

数学の世界では「代数学の父」とも称されています。

「四行詩:ルバイヤート」の詩作でも高い評価を得ています。

様々な分野で功績を残していますが、特に知られているのは天文学の分野です。

天文学者として、当時の国王「マリク・シャー1世」の命を受け、「ジャラーリー暦」を作成。(その時の宰相は、「ニザームルムルク」さんでした。)

「ジャラーリー暦」は、33年に8回の閏年を置くもので、1年を「365.24219858156日」としました。

現在使われている「グレゴリウス暦」は、「365.2425日」とされており、現在の「太陽年」は、おおよそ「365.24219日」と計算されています。

比較してみると、「グレゴリウス暦」よりも正確な数値を記録していたことが判ります。

「ジャラーリー暦」は、1079年に制定されました。

1092年、宰相「ニザームルムルク」さんが暗殺され、その一ヶ月後、国王「マリク・シャー1世」も病気により急逝してしまいます。

すると、「ウマル・ハイヤーム」さんも居場所を失ってしまい、聖職者となりメッカへの巡礼者となりました。

その途中、健康状態が悪化し、故郷の「ニーシャープール」へと戻り、余生を送ったそうです。

彼の作った「ジャラーリー暦」ですが、セルジューク朝が衰退すると、「ヒジュラ暦」へと取って代わることになります。

余談として「ニザームルムルク」さんの暗殺には、「ハサン・サッバーフ」さんが開祖のイスラム教ニザール派が関わったという説があります。

3人の中で、いち早く栄達した「ニザームルムルク」さんは、「ハサン・サッバーフ」さんの仕官に尽力しました。

ところが、「ハサン・サッバーフ」さんは恩人を蹴落として、自分の方が出世しようとしました。

それがバレてしまい、失脚しています。その恨みがあったのかもしれません。

「ニザール派」は、山岳要塞を拠点とし、要人の暗殺を行う「アサシン教団」としての側面も持ち合わせていました。

幼少時に友人として共に学んだ3人のエピソードについては、伝承、逸話によるものであり、史実での詳細は不明となっていますが、数奇な運命で結ばれていると感じることができます。(3人の生年から考えると同時期に学んだとは考えにくく、後についた伝説の域を出ないという意見の方が多いようです。)

関連する過去のロゴ

「ウマル・ハイヤーム」さんよりも少し前の時代に活躍した「イブン・スィーナー」さんも過去にロゴとして取り上げられました。彼も多くの分野で功績を残した方です。

よろしければ合わせてご確認ください。

 イブン・スィーナー 生誕1,038周年 (2018年8月7日)

ロゴデザイン

「ウマル・ハイヤーム」さんがロゴになっています。

天文学を連想させる地球や太陽も描かれています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 イラクのGoogleサイト:عمر الخيام
 → https://www.google.iq

 トルクメニスタンのGoogleサイト:Omar Haýýam
 → https://www.google.tm

 トルコのGoogleサイト:Ömer Hayyam
 → https://www.google.com.tr

 日本のGoogleサイト:ウマル・ハイヤーム
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ウマル・ハイヤーム」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    何故、アジア圏で日本だけなのだろう??台湾すら変更が無いとは。

  2. online business より:

    Hi colleagues, its enormous paragraph concerning cultureand fully explained, keep it up
    all the time.

  3. regarding ford より:

    Admiring the hard work you put into your blog and in depth information you provide.

    It’s great to come across a blog every once in a while that isn’t the same unwanted rehashed material.

    Fantastic read! I’ve bookmarked your site and I’m adding your RSS feeds to
    my Google account.

  4. best hotel より:

    whoah this weblog is fantastic i really like studying your articles.
    Keep up the good work! You know, lots of persons are searching round for this information, you could aid them greatly.

  5. I am truly thankful to the owner of this site who has shared this impressive paragraph at at this
    place.