フォン・フェイフェイ 生誕66周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2019年8月20日

この日、「台湾」をはじめとして、いくつかの国でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

鳳飛飛66歲誕辰紀念

Ulang Tahun Kelahiran Fong Fei-Fei yang ke-66

66° anniversario della nascita di Fong Fei-Fei

鳳飛飛 生誕66周年

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「台湾」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。

「フォン・フェイフェイ」さんって??

鳳飛飛:Fong Fei-Fei:フォン・フェイフェイ

台湾出身の歌手、女優です。

「1953年8月20日」に生まれて、「2012年1月3日」に逝去されています。

そのため、生誕66周年になります。

台湾の桃園県大渓(現在の桃園市大渓区)に生まれます。

14歳で新北市へと移り、ラジオ局の主宰する歌のトレーニングに参加します。

その後、ラジオ局主催の大会で優勝し、「林茜」というステージ名で歌手活動を開始しました。

1971年に最初の楽曲「初見一日」を録音し、デビュー。

その後、プロデューサーの提案を受け、ステージ名を「鳳飛飛:フォン・フェイフェイ」へと変更しました。

1972年には、最初のアルバム「祝你幸福」をリリース。

その後、ドラマの主題歌を担当したり、テレビの歌番組に出演することで、人気を得ていきます。

その後、歌だけでなく、俳優としても、映画やドラマに出演し、トップスターへとなりました。

1980年代以降は、全国ツアーも積極的に行いました。

80年代〜90年代にかけては、バラエティ番組の司会者としても活躍しました。

ステージでは、必ず帽子をかぶっており、彼女のトレードマークとなっていました。

このことから、「帽子歌后」(帽子の女王)とも呼ばれました。

帽子の所有数は「600」以上に及んだそうです。

台湾の国民的な歌手であり、「テレサ・テン」さんと並ぶ人気を得ていました。

1982年、1983年には、台湾の金鐘獎(ゴールデンベル賞):「最優秀女性歌手俳優賞」を2年連続で受賞しました。

世界各地でもコンサートを行い、特にアジア圏で、人気を博しました。

2011年、コンサートツアー中に癌が見つかり、治療に専念するも、翌年2012年に帰らぬ人となりました。

関連する過去のロゴ

台湾の国民的な歌手である「テレサ・テン」さんも過去にロゴとして取り上げられました。

よろしければ、合わせてご確認ください。

 テレサ テン 生誕65周年 (2018年1月29日)

ロゴデザイン

「フォン・フェイフェイ」さんが歌う様子がロゴになっています。

「帽子の女王」の愛称で知られるように、様々な帽子の衣装が描かれています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

世界各国の「Google」検索URL 一覧

 台湾のGoogleサイト:鳳飛飛
 → https://www.google.com.tw

 マレーシアのGoogleサイト:Fong Fei-Fei
 → https://www.google.com.my

 イタリアのGoogleサイト:Fong Fei-Fei
 → https://www.google.it

 日本のGoogleサイト:フォン・フェイフェイ
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「フォン・フェイフェイ」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク