2019年 ハリ ムルデカ

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2019年8月31日

この日、「マレーシア」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Selamat menyambut Hari Kemerdekaan yang ke-62!

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

マレーシア

独立記念日

Hari Merdeka:ハリ・ムルデカ:独立記念日

「8月31日」はマレーシアの「独立記念日」です。

「1957年8月31日」にイギリスから独立しています。

マレーシアですが、15世紀頃は「マラッカ王国」として日本とも交易がありました。

その後、1511年に「ポルトガル」が占領します。

「マラッカ王国」が日本とも交易があったことから、1542年には、この地域を経由して「ポルトガル」から鉄砲が伝来しています。

「フランシスコ・ザビエル」さんもこの地を経由して日本に来ています。

そういう点から見ると、ポルトガルのマレーシアへの進出は日本にも大きな影響を与えています。

それから、1641年には「オランダ」、1826年には「イギリス」と、支配する国が変わって行きます。

1826年以降は「イギリス領」となります。

しばらくはイギリスの支配が続きますが、第2次世界大戦が開戦すると、1941年、日本が侵攻し占領します。(敗戦の1945年まで)

日本が敗戦すると、またイギリス領に戻ります。

当時のマレーシア地域のイギリス領植民地の名称は「マラヤ連合」、「マラヤ連邦」と呼ばれていました。

その「マラヤ連邦」が「1957年8月31日」にイギリスから独立します。

この日が独立記念日の由来となっています。

実際に「マレーシア」が成立するのは1963年のことです。

1963年に「マラヤ連邦」はシンガポール、サラワク、英領北ボルネオと新たな連邦を結成し、「マレーシア」が成立します。

シンガポールは、1965年にマレーシアから独立することになります。

ロゴデザイン

ロゴには、マレーシアの国花である「ブンガ・ラヤ(Bunga Raya)」が描かれています。

日本では「ハイビスカス」として知られている花です。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

世界各国の「Google」検索URL 一覧En

 マレーシアのGoogleサイト:Hari Merdeka
 → https://www.google.com.my

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ハリ・ムルデカ:独立記念日」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

過去の「Googleロゴ」

過去にもマレーシアの「独立記念日」のロゴが表示されました。

 2018年 マレーシア独立記念日 (2018年8月31日)

 2017年 マレーシア独立記念日 (2017年8月31日)

 2016年 マレーシア独立記念日 (2016年8月31日)

 2015年 マレーシア独立記念日 (2015年8月31日)

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク