2019年 大晦日

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2019年12月31日

この日、世界のほとんどの国でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

New Year’s Eve 2019

Nochevieja 2019

2019 跨年倒數

2019年 大晦日

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

世界のほとんどの国で変更されています。

大晦日

大晦日:New Year’s Eve:Silvester:Nochevieja

1年の最終日です。

旧暦が利用されていた頃は、「みそ」は「三十」の意味であり、「みそか」は「30日」という意味で、毎月の最終日を表す言葉として使われていました。

「みそか」のうち、年内で最後の晦日を「大晦日」と呼んでいました。

グレゴリオ暦(新暦)では「12月31日」がその日にあたります。

日本では、「年越し蕎麦」や「除夜の鐘」の風習があります。

ちなみに、英語圏では新年の前日は「New Year’s Eve」といいます。

また、カトリック教会では「12月31日」は4世紀前半に在位したローマ教皇「シルウェステル1世:Silvester」の記念日に定められています。

そのため、ヨーロッパを中心に「12月31日」を「Silvester:ジルベスター」と呼んでいる地域もあります。

スペイン語では「Nochevieja」、これは「年老いた夜」という意味です。1年の最後を「年老いた」と表現するのもユーモアが感じられます。

国ごとに「大晦日」の名称は違っていて、調べてみるのも楽しいです。

ロゴデザイン

カエルのキャラクター「Froggy」がロゴに描かれています。

このキャラクターは、「2017年 ハロウィーン」時のムービーロゴで過去に登場しました。

 2017年 ハロウィーン (2017年10月31日)

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

世界各国の「Google」検索URL 一覧En

 アメリカのGoogleサイト:New Year’s Eve
 → https://www.google.com

 スペインのGoogleサイト:Nochevieja
 → https://www.google.es

 台湾のGoogleサイト:跨年
 → https://www.google.com.tw

 日本のGoogleサイト:大晦日
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「大晦日」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

過去の「大晦日」のロゴ

毎年、「大晦日」にはロゴが変更されています。

年度によっては、翌日の1月1日と連動したロゴもありました。

よろしければ、過去のロゴもご確認ください。

 2018年 大晦日 (2018年12月31日)

 2017年 大晦日 (2017年12月31日)

 2016年 大晦日 (2016年12月31日)

 2015年 大晦日 (2015年12月31日)

関連記事



© 2020 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク