グリーンズボロ座り込み 60周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2020年2月1日

この日、「アメリカ」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

60th Anniversary of the Greensboro Sit-in

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

アメリカ

グリーンズボロ座り込み

Greensboro sit-ins:グリーンズボロ座り込み

「1960年2月1日」、ノースカロライナ州グリーンズボロの「ウールワースショッピングセンター」で4人の学生が人種差別への抗議として座り込みを行いました。

この日から数えて60周年となります。

アメリカでは、過去、人種差別により様々な抗議活動が行われました。

その1つが「sit-in:座り込み」です。

非暴力の座り込みによる抗議は、古くから行われていました。

1950年後半から、アメリカでは公民権運動が活発になり、各地でデモやストライキが発生していました。

ノースカロライナ州グリーンズボロでも、人種差別に不満を持つ4人の黒人学生が、何か行動できないかを考えました。

4人は、ショッピングセンターのランチカウンターを黒人が使用できないことに不満を持っていました。

それに抗議するために4人は行動を起こしました。

「1960年2月1日」に「ウールワースショッピングセンター」のランチカウンターでサービスを求めました。

4人は黒人だったため、店のスタッフは店の決まりに従い、拒否し、退出を求めますが、4人は閉店するまで、その場に留まることで抗議を行いました。

すると、翌日は、20名もの学生が同じ行動を取り、メディアにも報じられ始めました。

さらに3日目には60人、4日目には300人と日を追うごとに参加者が増えていきました。

メディアで大きく報じられたことから、この流れは急速に周りの地域に広まり、「1960年2月13日」には、ナッシュビルで同じようにランチカウンターで座り込みが行われます。

この一連の座り込み抗議がきっかけになり、ランチカウンターでの差別が撤廃されていくこととなります。

この活動の参加者のほとんどが大学生でした。

彼らは、その後も活動を続け、1964年の人種差別を禁ずる法律「公民権法」の制定に繋がっていくことになります。

ロゴデザイン

4人の学生がランチカウンターに座り込む様子がロゴになっています。

最初に「sit-in:座り込み」を行なった4人は、「Greensboro Four」の名称で知られています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

世界各国の「Google」検索URL 一覧En

 アメリカのGoogleサイト:Greensboro sit-in
 → https://www.google.com

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「グリーンズボロ座り込み」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク