ンコシ・ジョンソンを称えて

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2020年2月4日

この日、「南アフリカ」をはじめとして、いくつかの国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

Celebrating Nkosi Johnson

Tôn vinh Nkosi Johnson

Celebrando a Nkosi Johnson

ンコシ・ジョンソンを称えて

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「南アフリカ」をはじめとして、多くの国で表示されています。

「ンコシ・ジョンソン」さんって??

Nkosi Johnson:ンコシ・ジョンソン

南アフリカの子供です。

生まれながらの「HIV / AIDS(エイズ)」感染者で、その偏見や差別の撤廃に向けた活動を行いました。

「1989年2月4日」に生まれて、「2001年6月1日」に逝去されています。享年12歳。

存命であれば、今年で31歳を迎えるはずでした。

南アフリカ、ダンハウサールの近くの村で生まれます。

生まれた時の名は「Xolani Nkosi:ソラニ・ンコシ」

生まれながらにして「HIV / AIDS(エイズ)」に感染していました。原因は母子感染でした。

南アフリカは、アパルトヘイトによる人種差別や、政府の対策の遅れなどにより、国民の10人の1人の割合でHIVに感染しているといわれています。

特に、差別を受けていた黒人の貧困層に、多くのHIV感染者がいました。

彼の母親もHIV感染者の一人でした。

2人はケアセンターでボランティア医師の「Gail Johnson:ゲイル・ジョンソン」さん(女性)に出会います。

母親もHIVで弱りつつあり、子の世話が十分にできないため、息子を「ゲイル・ジョンソン」さんに託しました。

彼は、「ゲイル・ジョンソン」さんの養子となりました。

この時から、「ゲイル」さんと共に、治療を続けながら生活を送っていくことになります。

1997年、小学校に通う年齢になった時に問題が起こりました。

小学校側がHIVに感染した彼の通学を認めませんでした。

このことは、政治的問題として南アフリカ国内で大きく取り上げられました。後に、差別による入学の拒否は、撤廃されることになります。

この年に母親はHIVで亡くなりました。

この経験を経て、彼は、HIVに感染した親子が差別されることなく治療を受け、一緒に暮らしていける環境を作ることを目標とします。

1999年、「ゲイル」さんの協力を得て、「Nkosi’s Haven:ンコシの避難所」を開設。

HIVに感染した親子に住居を提供した南アフリカで最初の施設で、多くの親子患者を受け入れました。

彼の病状も成長に伴い、少しずつ悪化していましたが、薬や治療の効果もあり、ある程度、活発な生活を送ることができたそうです。

そして、2000年、南アフリカのダーバンで開催された13回目の「International AIDS Society:国際エイズ会議」で、彼はスピーチをしました。

「HIV / AIDS(エイズ)」患者を差別せずに、平等に扱って、適切な治療を受けさせてくださいという内容でした。

彼の言葉の一部は以下の通りです。

Care for us and accept us — we are all human beings. We are normal. We have hands. We have feet. We can walk, we can talk, we have needs just like everyone else — don’t be afraid of us — we are all the same!

私たちを世話し、受け入れてください。私たちは同じ人間です。私たちは普通です。私たちは手があります。足があります。歩くこともできる、話すこともできる。他のみんなと同じく要求したいことだってある。怖がらないでください。みんな同じなんです。

アパルトヘイトの撤廃に大きく貢献し、大統領も務めた「ネルソン・マンデラ」さんは、彼を「icon of the struggle for life:生きるために戦う象徴」と称しました。

このスピーチの後、彼の容体は急速に悪化していきます。

寝たきりで、発作に苦しみ、食品を食べることも困難となり、やせ衰えていきました。

「2001年6月1日」に亡くなりました。

奇しくもこの日(6月1日)は「International Children’s Day:国際こどもの日」でした。

12歳という若さで亡くなりましたが、生まれながらにHIVに感染した子供としては当時の最年長記録でした。

彼の存在は、南アフリカ社会に大きく影響を与え、少しずつではありますが、HIV患者への対応の改善や、治療、予防などの施策が進んでいます。

彼の開設した「Nkosi’s Haven:ンコシの避難所」は、NGO団体として、現在でも「HIV / AIDS(エイズ)」に苦しむ親子のケア、サポートを行なっています。

関連する過去のロゴ

ブラジルでHIV陽性者の援助を行なった「ブレンダ・リー」さんが、過去にロゴとして取り上げられました。

「Palácio das Princesas:プリンセスハウス」と呼ばれるサポートハウスを開設し、同性愛者や、HIV陽性者の受け入れ、援助などを行ないました。

よろしければ合わせてご確認ください。

 ブレンダ・リーを称えて (2019年1月29日)

ロゴデザイン

「ンコシ・ジョンソン」さんがスピーチを様子がロゴとなっています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 南アフリカのGoogleサイト:Nkosi Johnson
 → https://www.google.co.za

 ベトナムのGoogleサイト:Nkosi Johnson
 → https://www.google.com.vn

 ペルーのGoogleサイト:Nkosi Johnson
 → https://www.google.com.pe

 日本のGoogleサイト:ンコシ・ジョンソン
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ンコシ・ジョンソン」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク

コメント

  1. julie より:

    ンコシ・ジョンソン Nkosi Johnson Google Doodle
    http://gsemobiles.com/nkosi-johnson-google-doodle/