マルセル・パニョル 生誕125周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2020年2月28日

この日、「フランス」で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

Il y a 125 ans naissait Marcel Pagnol

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

フランス

「マルセル・パニョル」さんって??

Marcel Pagnol:マルセル・パニョル

フランスの作家、脚本家、映画監督です。

作家としてだけではなく、トーキー初期の映画作品を手がけました。

「1895年2月28日」に生まれて、「1974年4月18日」に逝去されています。

そのため、生誕125周年になります。

フランスのオーバーニュに生まれます。父親は教師でした。

1937年、マルセイユに移住します。

3歳の頃には文字が読めるようになり、それに驚いた母親は、彼を勉強から遠ざけるほどでした。

10歳の時にリセの奨学金試験を受け、優秀な成績で入学。

1913年、18歳の時に、哲学の学士号を取得し、エクス=マルセイユ大学で文学の勉強を始めます。

そこで、「Fortunio」という芸術や演劇の評論雑誌を設立。

この頃、最初の小説「Le Mariage de Peluque」を書き上げています。

第一次世界大戦時は兵として動員され、その後、父親の影響を受け、教師となりました。

1922年、パリへと移住。

1924年、戯曲「名誉を売る商人」を書き上げます。

1928年、コメディー作品「Topaze:トパーズ」が公表を得ると、作家として活動していくことを心に決めます

1929年には「Marius:マリウス」を書き上げました。

この頃、ロンドンを訪れた際に見た初期のトーキー(音声映画)に感銘を受け、映画にも力を入れていくことになります。

1931年に、自身の作品「マリウス」の映画化を行いました。この映画はヒットし、フランス映画界のトーキー黎明期を代表する作品となりました。

1932年には、映画スタジオを設立し、様々な映画を生み出しました。

1946年には「アカデミー・フランセーズ」の会員にも選出されています。

1957年には自伝「La Gloire de mon père」「Le château de ma mère」を出版。

その他にも多くの作品を残しました。

ロゴデザイン

彼の代表作の1つ「Marius:マリウス」は、自身の育った「マルセイユ」を舞台にした作品です。

その様子がロゴに描かれています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 フランスのGoogleサイト:Marcel Pagnol
 → https://www.google.fr

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「マルセル・パニョル」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2020 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク