デイム・ジーン・マクナマラ 生誕121周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2020年4月1日

この日、「オーストラリア」をはじめとして、いくつかの国で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

Dame Jean Macnamara’s 121st Birthday

121º aniversario del nacimiento de Dame Jean Macnamara

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「オーストラリア」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。

「デイム・ジーン・マクナマラ」さんって??

Dame Jean Macnamara:デイム・ジーン・マクナマラ

「Dame」は叙勲の称号です。

オーストラリアの女性医師です。

ポリオ(灰白髄炎:小児麻痺)の分野で、医学の進歩に大きく貢献しました。

「1899年4月1日」に生まれて、「1968年10月13日」に逝去されています。

そのため、生誕121周年になります。

オーストラリアのビクトリア州ビーチワースで生まれます。

7歳の時にメルボルンに移住し、奨学金を受けて進学し、メルボルン大学で医学を学びます。

卒業後、メルボルンの小児病院の医師となりました。

そこで働いている時に、ポリオ(灰白髄炎:小児麻痺)の流行がありました。

彼女は、ポリオについて研究を行い、複数のウイルスが存在することを発見します。

さらに研究を続け、1型、2型、3型の3種類のポリオウイルスがあることが明らかになります。

この発見は、その後のワクチンの開発に大きな影響を与えました。

また、患者の子供達と向き合い、より良い治療法の提案、また、リハビリ法の確立など、小児麻痺の分野で大きく貢献しました。

その功績をたたえられ、1935年には、「Dame:デイム」(男性のナイトに相当)の叙勲を受けています。

他には、「兎粘液腫」の研究で知られています。

当時、イギリスから持ち込まれたウサギがオーストラリアで大量に繁殖し、生態系と農業に大きな打撃を与えるようになっていました。

ウサギは「害獣」と指定され、処分が行われましたが、捕殺では繁殖のスピードに追いつ家内状況でした。

そこで、彼女は「兎粘液腫」(兎の感染ウィルス)を用いて処分をする研究を行い、成果を上げています。

関連する過去のロゴ

「ポリオウイルス」は、「カール・ラントシュタイナー」さんによって発見されました。

彼は、「ABO式血液型」を発見したことでも知られており、過去にロゴにも取り上げられました。

よろしければご確認ください。

 カール・ラントシュタイナー 生誕148周年 (2016年6月14日)

ロゴデザイン

患者と向き合う「ジーン・マクナマラ」さんが描かれています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 オーストラリアのGoogleサイト:Dame Jean Macnamara
 → https://www.google.com.au

 カナダのGoogleサイト:Dame Jean Macnamara
 → https://www.google.ca

 エクアドルのGoogleサイト:Dame Jean Macnamara
 → https://www.google.com.ec

 チリのGoogleサイト:Dame Jean Macnamara
 → https://www.google.cl

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「デイム・ジーン・マクナマラ」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2020 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク