2020年 イスラエル独立記念日

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2020年4月29日

この日、「イスラエル」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

יום העצמאות של ישראל 2020

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

イスラエル

独立記念日

יום העצמאות:独立記念日

「イスラエル」では、ユダヤ暦の「イヤルの5日」「独立記念日:יום העצמאות」としています。

西暦で変換すると、2020年は「4月29日」となります。

「イスラエル」の国名はアブラハムの孫にあたる「ヤコブ」の別名イスラエルに由来しています。

古代には、イスラエルの地は肥沃な三日月地帯であり、カナンの地と呼ばれ、カナン人をはじめ様々な民族が住んでいました。

紀元前11世紀頃に、ユダヤ人の祖先ともなるヘブライ人が「イスラエル王国」を建国します。

その後、紀元前8世紀頃にアッシリアに滅ぼされると、その後はマケドニアやローマ帝国等、様々な国の支配地となりました。

1099年に、十字軍の遠征により、エルサレムが占領され、一時的に、キリスト教国である「エルサレム王国」が成立したこともありました。

16世紀以降はオスマン帝国の支配下になっていましたが、第1次世界大戦でオスマン帝国が敗退すると、イギリスの委任統治下におかれ「イギリス委任統治領パレスチナ」となります。

ユダヤ人は、長い歴史の中で自らの国をずっと持っていませんでした。

この頃、ユダヤ人の中で、イスラエルの地(パレスチナ)に故郷を再建しようという運動が大きくなっていきます。

それに応じて、イギリスがユダヤ人の国家を建設することを認めた宣言「バルフォア宣言」を行います。

これにより、各地のユダヤ人が「イスラエル」に移民をしてきます。

このことにより、ユダヤ人とアラブ人(パレスチナ人)の関係が悪化していきました。

お互いに衝突が絶えなくなり、統治していたイギリスも手に負えなくなり「1948年5月15日」をもって委任統治を終了します。

その前日の、「1948年5月14日」に「独立宣言」を行っており、この日が「独立記念日」の由来となっています。

この「独立宣言」は、ユダヤ人国家「イスラエル」の建国宣言であり、アラブ人(パレスチナ人)にとっては面白くない状況となり、その後の紛争が続いて行くことになります。

「1948年5月14日」は西暦での話であり、ユダヤ暦の場合は「5708年のイヤルの5日」でした。

イスラエルでは独立記念日をユダヤ暦の「イヤルの5日」で祝います。

ユダヤ歴のため、西暦では毎年日付が異なります。

ロゴデザイン

イスラエルの国旗のカラーがベースになっています。

中央にイスラエル国旗が描かれ、「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

世界各国の「Google」検索URL 一覧En

 イスラエルのGoogleサイト:יום העצמאות של ישראל
 → https://www.google.co.il

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「イスラエル独立記念日」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

過去の「Googleロゴ」

過去にも「イスラエルの独立記念日」のロゴが表示されました。

 2019年 イスラエル独立記念日 (2019年5月9日)

 2018年 イスラエル独立記念日 (2018年4月19日)

 2017年 イスラエル独立記念日 (2017年5月2日)

 2016年 イスラエル独立記念日 (2016年5月12日)

 2015年 イスラエル独立記念日 (2015年4月23日)

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク