フランク・スーを称えて

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2020年5月9日

この日、「イギリス」で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

England’s Forgotten Footballer, the incredible story of Frank Soo

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

イギリス

「フランク・スー」さんって??

Mary Somerville:フランク・スー

中国系イングランド人の選手のサッカー選手です。

イングランドで、初の中国系の選手となりました。

「1914年3月8日」に生まれて、「1991年1月25日」に逝去されています。

イングランドのダービーシャーで中国人の父親と、イギリス人の母親の元に生まれます。

リバプールで育ち、学生時代からサッカー選手として注目されていました。

1933年に、「ストーク・シティFC」にスカウトされ、プロ選手としてのキャリアをスタートさせます。

イングランドのサッカーリーグで、初の中国系イングランド人の選手となりました。

チームの中心選手となり、1938年にはキャプテンに指名されました。

イングランド国籍であったことから、イングランド代表候補にもあげられていましたが、第二次世界大戦の勃発により、その機会は失われてしまいます。

1941年、イギリス空軍から召集を受けます。

空軍では訓練の日々でしたが、その中でも、サッカーをプレイする機会を模索しました。

戦時中の、1942年〜1945年にかけて、「イングランド代表」として召集され、9試合に出場しました。

代表チームにおいては、ヨーロッパ系以外の人種(有色人種)として初めての出場でした。

その最初の試合が行われたのが「1942年5月9日」にニニアン・パークで行われたウェールズ戦であり、それを記念してロゴが変更となりました。(試合の結果は 1-0 でウェールズが勝利)

ただし、戦時中の代表チームの記録は、現在では「非公式」とされています。

そのため、彼の出場した9試合についても、正式な記録としては認められていません。

「ストーク・シティFC」では、長らく彼は主力選手でした。

チームには、スーパースターの「スタンリー・マシューズ」さんが在籍しており、戦後を迎える頃になると、彼を中心としたチーム作りが行われるようになっていました。

その体制に、自分の希望するプレーができないと感じ1945年に「レスター・シティFC」へと移籍。

その後、「ルートン・タウンFC」、「チェルムスフォード・シティFC」とチームを変えながら、1950年までプレイを続けました。

選手引退後は、イギリスだけでなく、ヨーロッパ各国で指導者として活躍しました。

1952年にはノルウェー代表チームの監督も勤めました。

ロゴデザイン

「フランク・スー」さんがリフティングをしている様子がロゴとなっています。

「g」がクルッと回転し、彼のつけていた背番号「6」に変化します。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 イギリスのGoogleサイト:Frank Soo
 → https://www.google.co.uk

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「フランク・スー」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2020 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク