サアーダト・ハサン・マントー 生誕108周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2020年5月11日

この日、「パキスタン」で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

Saadat Hasan Manto’s 108th Birthday

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

パキスタン

「サアーダト・ハサン・マントー」さんって??

سعادت حسن منٹو‎:Saadat Hasan Manto:サアーダト・ハサン・マントー

近代インド文学を代表するウルドゥー語の作家です。

「1912年5月11日」に生まれて、「1955年1月18日」に逝去されています。

そのため、生誕108周年になります。

パンジャーブのイスラム教徒の家庭に生まれます。

当時は、英領インドの時代であり、パンジャーブは反英運動が盛んに行われていました。その頃の経験が作品に大きく影響を与えました。

21歳の時に、作家の「Abdul Bari Alig:アブドゥル・バーリー・アリグ」さんに出会ったことが、人生の大きな転機となりました。

彼から様々なことを学び、西洋文学に興味を持ち始めました。

そして、「ヴィクトル・ユゴー」の「死刑囚最後の日」をウルドゥー語に翻訳し、出版されたことをきっかけに作家としての活動を始めます。

1934年になると、活動の拠点をムンバイに移し、新聞や雑誌の記事を書き、また映画の脚本も手がけるようになりました。

また、短編小説をいくつも書きました。

1947年に英領インドは、インドとパキスタンに分離独立します。

その後は、パキスタンのラホールを拠点に活動を行いました。

彼の残した作品は評価され、現在では、アジアを代表する近代作家の一人とされています。

彼は、市井で生活する人々のありのままの心理を多く描きました。

遊廓や娼婦をテーマにした作品も多く、当時は、猥褻な作品を書く作家ということで避難も受けました。

代表作は、「冷たい肉」「黒いシャルワール」等です。

2018年には、彼の生涯を描いた映画「マントー」が制作されました。

晩年はアルコール依存症となり、肝硬変にて死亡しています。

関連する過去のロゴ

パキスタンの現代文学作家は、過去にもロゴに取り上げられています。

よろしければ、合わせてご確認ください。

 パーヴィーン・シャキール 生誕67周年 (2019年11月24日)

 ファティマ・スラヤ・バジア 生誕88周年 (2018年9月1日)

ロゴデザイン

「サアーダト・ハサン・マントー」さんが執筆する様子がロゴになっています。

「Google」の文字も見受けられます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 パキスタンのGoogleサイト:Saadat Hasan Manto
 → https://www.google.com.pk

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「サアーダト・ハサン・マントー」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク