ガラパゴス諸島を称えて

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2020年5月31日

この日、「エクアドル」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。

Celebrando a las Islas Galápagos

Celebrating the Galápagos Islands

Ünnepeljük a Galápagos-szigeteket

ガラパゴス諸島を称えて

ロゴ大

ロゴ小

スライドショー式のロゴで、以下のサイトで確認できます。

 https://www.google.com/doodles/celebrating-the-galapagos-islands

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「エクアドル」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。

ガラパゴス諸島

Islas Galápagos:ガラパゴス諸島

エクアドル領の諸島です。

南米、エクアドルから西に900kmほど離れた場所にあります。

「Galápago」は、スペイン語で「カメ」を意味する言葉で、「Islas Galápagos」は、「カメのいる島々」という意味になります。

500〜-1000万年前の火山活動が元になり生まれた諸島で、大陸と陸続きになったことがないため、空から飛来するか、海を渡ってきた生物が祖先となりました。

大陸と900kmほど離れていたため、外界の生物との接触もほとんどなく、独自の生態系が生み出されました。

特に大型の哺乳類が存在しなかっため、リクガメやイグアナなどが独自の進化を行いました。

1835年に、生物学で地質学者でもある「チャールズ・ダーウィン」さんが訪れ、進化論のヒントを得たことでも知られています。

1978年には、世界遺産(自然遺産)にも登録されました。

関連する過去のロゴ

ガラパゴス諸島のドキュメンタリー作品「Galápagos – Landung in Eden:ガラパゴス 世界最後の秘境」を制作したドイツの動物学者「ハインツ・ジールマン」さんが過去にロゴに取り上げられました。

よろしければ合わせてご確認ください。

 ハインツ・ジールマン 生誕101周年 (2018年6月2日)

ロゴデザイン

「ガラパゴス諸島」の風景が、スライドショー形式のロゴとなっています。

ロゴは、以下のサイトで確認できます。

 https://www.google.com/doodles/celebrating-the-galapagos-islands

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

世界各国の「Google」検索URL 一覧En

 エクアドルのGoogleサイト:Islas Galápagos
 → https://www.google.com.ec

 イギリスのGoogleサイト:Galápagos Islands
 → https://www.google.co.uk

 ハンガリーのGoogleサイト:Galápagos-szigetek
 → https://www.google.hu

 日本のGoogleサイト:ガラパゴス諸島
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ガラパゴス諸島」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク