155th Anniversary of Juneteenth

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2020年6月19日

この日、「アメリカ」でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Commemorating the 155th Anniversary of Juneteenth

ロゴ大

ムービー(再生してみてください)

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

アメリカ

奴隷解放記念日

Juneteenth:奴隷解放記念日

「アメリカ」では「6月19日」「Juneteenth:奴隷解放記念日」とされています。

「1865年6月19日」にテキサス州で発令された「奴隷解放宣言」を記念して定められました。

アメリカでは、1962年に「エイブラハム・リンカーン」さんが奴隷解放宣言を発しましたが、全米で一斉に解放されたわけではなく、その対応は各州によってバラバラでした。

最後まで奴隷制度を廃していなかったのがテキサス州であり、「1865年6月19日」に「奴隷解放宣言」が行われました。

この宣言により、アメリカ合衆国のすべての州の奴隷が解放されました。

この日を記念して、「6月19日」を「Juneteenth:奴隷解放記念日」を祝うようになりました。

奴隷制度が廃止された後も、黒人に対する差別はさまざまな形で続きました。

現在では、ミネソタ州ミネアポリスで「ジョージ・フロイド」さんが白人警官に殺害されたことを受けて、差別に対する運動が全米各地で展開されています。

ロゴデザイン

テキサス州で制定された「一般命令第3号:すべての奴隷は自由である」が表示され、「自由を歌おう」と呼びかけるムービーロゴになっています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

世界各国の「Google」検索URL 一覧En

 アメリカのGoogleサイト:Juneteenth
 → https://www.google.com

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「Juneteenth:奴隷解放記念日」です。

→ 他の国のロゴを表示させる方法

関連記事



© 2019 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク