アレクサンドル・デュマを称えて

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2020年8月28日

この日、「フランス」をはじめとして、多くの国でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

Alexandre Dumas est à l’honneur !

Festeggiamenti in onore di Alexandre Dumas

نكرّم اليوم الكاتب “ألكسندر دوما”

ロゴ大

ロゴ小

スライドショー式のロゴで、以下のサイトで確認できます。

 https://www.google.com/doodles/celebrating-alexandre-dumas

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

「フランス」をはじめとして、多くの国で変更されています。

「アレクサンドル・デュマ」さんって??

Alexandre Dumas:アレクサンドル・デュマ

フランスの作家です。

「三銃士」、「モンテ・クリスト伯」、「王妃マルゴ」等の作品で知られています。

「1802年7月24日」に生まれて「1870年12月5日」に逝去されています。

フランス北部のエーヌ県に生まれます。

父親は軍人であり、彼は、自身の作品に、父をモデルにした人物を数多く登場させています。

父親はフランス革命以降、ナポレオン軍の高級軍人でしたが、ナポレオンを批判したことが元になって軍を追われてしまいます。

1804年に父親が亡くなりますが、軍を追われたことから、財産もなく、また政府からの年金なども貰うことができずに、苦しい少年時代を過ごしました。

そのため、まともな教育を受けることができませんでしたが、父の友人の紹介で、後にフランス国王となる「ルイ=フィリップ」さんの秘書の職を得ます。

ある日、彼はシェークスピアの「ハムレット」の上映を観て、感動し、劇作家を目指すことを心に決めました。

彼は、劇の台本を書き始めますが、当初は注目すらされませんでした。

転機となったのは、1829年の「アンリ3世とその宮廷」の上映です。

これが大ヒットします。

1830年に「ルイ=フィリップ」さんが国王となると、その後ろ盾もあり、1931年に「アントニー」、1932年に「ネールの塔」とヒットを連発。

小説家としても「三銃士」「モンテ・クリスト伯」を書き、人気作家となりました。

その生涯で書いた戯曲は総数「117」とされています。

その収入は凄いものでした。

ところが、1848年、フランスで革命が発生します。

国王「ルイ=フィリップ」さんは、イギリスに亡命、フランスは第2共和制に移行します。

後ろ盾を失い、また、革命の混乱により、劇場などの娯楽による収入は激減。

彼は、革命前に十分稼いでいたのですが、豪邸を建てたり、パーティーをしたり、女性に使ったりと、浪費癖があり、革命後に破産してしまいます。

債権者から逃れるため、一時、ベルギーへと身を寄せないといけないほどでした。

後にフランスへと戻りますが、晩年は、戯曲、小説共に精彩を欠くようになり、以前のようなヒット作を生み出すことはありませんでした。

1870年に逝去されています。

「1844年8月28日」に、彼の代表作の1つである小説「Le Comte de Monte-Cristo:モンテ・クリスト伯」が、フランスの大手の新聞「Journal des débats:ジュルナル・デ・デバ」において連載を開始しました。

日本では「巌窟王」のタイトルでも知られています。

連載は1846年まで続きました。

この日を記念してロゴが変更となりました。

ロゴデザイン

「Le Comte de Monte-Cristo:モンテ・クリスト伯」の名場面が展開されるスライドショーのロゴになっています。

ロゴは、以下のサイトで確認できます。

 https://www.google.com/doodles/celebrating-alexandre-dumas

「モンテ・クリスト伯」の簡単なあらすじですが、、、

主人公である船乗りの青年「エドモン・ダンテス」が、無罪の罪で陥れられます。

結婚を約束していた恋人とも別れ、投獄されてしまいます。(囚人番号:34)

獄中で、同じく囚われていた「ファリア神父」と出会い、様々な教養と、「モンテクリスト島」に隠された財宝があることを教えられます。

14年後、彼は脱獄に成功し、「モンテクリスト島」の財宝を見つけ出しました。

そして、独自に自身に起こったことを調べ上げます。

9年後、見つけた財宝を元に、イタリアの貴族「モンテ・クリスト伯」と名乗り、彼を陥れた人々に復讐をしていく物語です。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 フランスのGoogleサイト:Alexandre Dumas
 → https://www.google.fr

 イタリアのGoogleサイト:Alexandre Dumas
 → https://www.google.it

 リビアのGoogleサイト:ألكسندر دوما
 → https://www.google.com.ly

 日本のGoogleサイト:アレクサンドル・デュマ・ペール
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「アレクサンドル・デュマ」です。

関連記事



© 2020 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク