幸田文 生誕116周年

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2020年9月1日

この日、「日本」で、Google検索のロゴが以下のものに変更されています。

幸田文 生誕116周年

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

日本

「幸田文」さんって??

幸田文:こうだ あや

日本の女性作家です。

「1904年9月1日」に生まれて、「1990年10月31日」に逝去されています。

そのため、生誕116周年になります。

現在の東京都墨田区に生まれます。

父親は作家の「幸田露伴」さんです。

ミッション系の女学校を卒業後、1928年に24歳で、清酒問屋へ嫁ぎます。

ですが、事業が次第にうまくいかなくなり、夫とも折り合いが悪くなり、1938年に離婚。

娘連れて、親元(幸田露伴の元)に戻ります。

その後、親の活動を支えながら暮らすことになります。

戦時中は、生活物資の確保のために働いていました。

1947年に「幸田露伴」さんが亡くなると、雑誌などの求めで、その思い出を綴った雑記を書き始めました。

その文章は、テンポが良く、ユーモアもあり、表現豊かで読みやすく、注目を集めました。

「こんなこと」「みそっかす」等の作品を次々と生み出し、随筆家として知られるようになりました。

40歳を超えてからの作家デビューでした。

その後、1955年に「新潮」に連載された小説「流れる」で「新潮社文学賞」、「日本芸術院賞」を受賞し、作家としての名声を確立します。

1960年には、代表作の1つ「おとうと」を発表しました。

その後も様々な作品を生み出しました。

晩年は、日本各地を巡り、エッセイを書いています。

日本各地の木や花にまつわるエッセイ「木」や、各地の土砂災害の跡を見て回り、その記録を綴った「崩れ」などは、高く評価されています。

1990年に逝去されますが、その人気は高く、死後も生前の未刊行作品が数多く刊行されました。

また、1944年に落雷で焼失した奈良の法輪寺三重塔の再建(1975年に再建)にも尽力されました。

関連する過去のロゴ

日本の女性作家では、詩人の「金子みすゞ」さんが過去にロゴに取り上げられました。

 金子みすゞ 生誕114周年 (2017年4月11日)

ロゴデザイン

「幸田文」さんがロゴに描かれています。

彼女が再建に尽力した「法輪寺三重塔」も描かれています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

 日本のGoogleサイト:幸田文
 → https://www.google.co.jp

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「幸田文」です。

関連記事



© 2020 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク