Caroline Herschel’s 266th Birthday

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2016年3月16日

この日、様々な国でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

カロライン・ハーシェル 生誕266周年

Caroline Herschel’s 266th birthday

ロゴ大

1603161

ロゴ小

1603162

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

1603163

カナダ、アイスランド、イギリス、アイルランド、スウェーデン、ベラルーシ、リトアニア、ドイツ、スペイン、ポルトガル、スイス、オーストリア、スロベニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、ギリシャ、イスラエル、ナイジェリア、ケニア、南アフリカ、カザフスタン、台湾、インドネシア、オーストラリア、ニュージーランド 等

「カロライン・ハーシェル」さんって??

「カロライン・ハーシェル」さんについて調べてみました。

Caroline Lucretia Herschel:カロライン・ルクリーシア・ハーシェル

ドイツ生まれのイギリスで活躍した女性天文学者です。

1750年3月16日に生まれて、1848年1月9日に逝去されています。

そのため、生誕266周年になります。

彼女のドイツ語の名前は「カロリーネ・ルクレティア・ヘルシェル:Caroline Lucretia Herschel」です。

兄は同じくドイツ生まれ、イギリスで活躍した天文学者で「天王星の発見」や、「外線放射の発見」など、天文学に多大な功績を残した「ウィリアム・ハーシェル」さん。

その兄が、1782年に「ジョージ3世」から国王付天文官に任命されると、その助手を務めます。

1787年からは「ジョージ3世」から正式に助手として認められ、報酬も得るようになります。

イギリスでは、科学的な仕事で公的な報酬を得た最初の女性だったそうです。

自らも望遠鏡で観測を行い、いくつもの星雲や彗星を発見しています。

彗星を発見した最初の女性としても知られています。

彼女のミドルネーム「ルクレティア(ルクリーシア)」にちなんで名付けられた小惑星もあります。

また、月には彼女の名にちなんだ「C.Herschel」というクレーターもあります。

ロゴデザイン

天体望遠鏡を覗き込む「カロライン・ハーシェル」さんです。

背後には星空と、無数の流れ星でしょうか?、それとも彗星でしょうか??

また、「Google」の文字もデザインされています。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

イギリスのGoogleサイト「Caroline Herschel」
 → https://www.google.co.uk

ドイツのGoogleサイト「Caroline Herschel」
 → https://www.google.de

カナダのGoogleサイト「Caroline Herschel」
 → https://www.google.ca

ナイジェリアのGoogleサイト「Caroline Herschel」
 → https://www.google.com.ng

台湾のGoogleサイト「Caroline Herschel」
 → https://www.google.com.tw

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「カロライン・ハーシェル」です。

関連記事



© 2020 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク

コメント

  1. 前ちゃん より:

    昭和27年生まれ年金暮らし妻は娘2たり保育所の時置いて家を出たが今は無事嫁いでいます。(2分の仕事は大変でしたが)学生時代は器械体操.球技又エレキバンドリーダーでダンスパーテー演奏音楽好きしかし、体病患い指が動かない。悔しい。今の私には女性の優しい話相手が居ればと思う次第です。コメント関係無いかな?