2016年 聖パトリックの日

役に立ったらシェアをお願いします

Googleロゴ

2016年3月17日

この日、「カナダ」、「アメリカ」、「ヨーロッパ各国」、「ロシア」、「オーストラリア」等でGoogle検索のロゴが以下のものに変更されています。

St. Patrick’s Day 2016

ロゴ大

1603171

ロゴ小

1603172

表示された国

この日、「Google」のロゴが変更された国は以下の画像の通りです。

1603173

カナダ、アメリカ、イギリス、アイルランド、ポルトガル、スウェーデン、ドイツ、オーストリア、スロベニア、セルビア、ブルガリア、ウクライナ、ベラルーシ、エストニア、ロシア、オーストラリア、ニュージーランド 等

聖パトリックの日

聖パトリックの祝日: St Patrick’s Day

アイルランドにキリスト教を広めた「聖人パトリキウス」の命日です。

ラテン語で「パトリキウス Patricius」、英語名で「パトリック」

387年頃に生まれて、461年3月17日が命日となっています。

アイルランドの守護聖人でもあります。

アイルランドでは、この日は祝日となり、シャムロックを身につけたり、ミサに行ったりする風習があります。

シャムロックは葉が3枚に分かれている草の総称で、アイルランドの国花ともなっています。

「パトリキウス」さんも、シャムロックの葉が3つに分かれているのは「三位一体」を表していると説明し、キリスト教の布教に利用しました。そのため、シャムロックは彼のシンボルともなっています。

アメリカでは、この日は「緑の日」と呼ばれています。

特にシカゴでは、シカゴ川を緑色に染め上げたり、シカゴ市警察では警察バッジを「緑の三つ葉」の特別な物にしたりする習慣があるようです。

その他、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス等でもこの日を祝うイベントが開催されています。

ロゴデザイン

Google」のロゴの緑の「l」がシャムロック(三つ葉)となり、他のアルファベットの色を全て「緑」一色に染め上げます。

「緑の日」を象徴するロゴになります。

しばらくすると中央の「o」の文字から色が戻っていきます。

ロゴ表記されている主な各国のGoogle検索サイト

アイルランドのGoogleサイト「St. Patrick’s Day」
 → https://www.google.ie

イギリスのGoogleサイト「St. Patrick’s Day」
 → https://www.google.co.uk

アメリカのGoogleサイト「St. Patrick’s Day」
 → https://www.google.com

ニュージーランドのGoogleサイト「St. Patrick’s Day」
 → https://www.google.co.nz

カナダのGoogleサイト「St. Patrick’s Day」
 → https://www.google.ca

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「聖パトリックの日」です。

過去の「Googleロゴ」

昨年のこの日3月17日には「2015年 聖パトリックの日」のロゴが表示されました。

 → 2015年 聖パトリックの日(2015年3月17日 表示)

関連記事



© 2020 Google Inc. All rights reserved. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標です。
スポンサーリンク

役に立ったらシェアをお願いします

スポンサーリンク