カリン・ボイェ 生誕115周年

カリン・ボイェ 生誕115周年 image 0

2015年10月26日

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

スウェーデン

「カリン・ボイェ」さんって??

「Karin Maria Boye」

スウェーデンの詩人、小説家です。女性の方です。

カリン・ボイェ 生誕115周年 image 0

1900年10月26日に生まれ、1941年4月24日に逝去されています。

そのため、今年で生誕115周年。

1922年、最初の詩集「雲(Moln)」を刊行します。

1931年には小説「アスタルテ(Astarte)」で北欧文学賞の優秀賞を獲得します。

両親は思想的・政治的にリベラルな反軍国主義者でした。

その影響なのか、反戦運動などにも参加しています。

生涯、たくさんの作品、また、「T・S・エリオット」や「トーマス・マン」の作品の翻訳等の活動を行いますが、残念ながら1941年4月24日に40歳の時に自殺して生涯を閉じています。

ロゴデザイン

詩を読む「カリン・ボイェ」さんでしょうか。

また、窓の外は季節の移り変わりが見て取れます。

カリン・ボイェ 生誕115周年 image 2

このデザインは彼女の代表作、「Ja visst gör det ont(Yes, of course it hurts)」を表現したものとなっています。

「YES, OF COURSE IT HURTS」について

彼女の代表作となっている詩です。スウェーデン語での原題は「Ja visst gör det ont」

「David McDuff」さんにより、英語に翻訳されています。原文はスウェーデン語ですが、英語の方が解りやすいと思いますので、そちらを記載しておきます。

Yes, of course it hurts
翻訳:David McDuff

Yes, of course it hurts when buds are breaking.
Why else would the springtime falter?
Why would all our ardent longing
bind itself in frozen, bitter pallor?
After all, the bud was covered all the winter.
What new thing is it that bursts and wears?
Yes, of course it hurts when buds are breaking,
hurts for that which grow
and that which bars.

Yes, it is hard when drops are falling.
Trembling with fear, and heavy hanging,
cleaving to the twig, and swelling, sliding –
weight draws them down, though they go on clinging.
Hard to be uncertain, afraid and divided,
hard to feel the depths attract and call,
yet sit fast and merely tremble –
hard to want to stay
and want to fall.

Then, when things are worst and nothing helps
the tree’s buds break as in rejoicing,
then, when no fear holds back any longer,
down in glitter go the twig’s drops plunging,
forget that they were frightened by the new,
forget their fear before the flight unfurled –
feel for a second their greatest safety,
rest in that trust
that creates the world.

なんと言うか、いかようにも捉えられそうな内容です。

詩ですので、個人によりニュアンスの違いがあると思いますので、特に訳は記載しません。

スウェーデンのGoogleサイト「Karin Boye」
 → https://www.google.se

Like this post? Please share to your friends: