2015年 カタール建国記念日

2015年 カタール建国記念日 image 0

2015年12月18日

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

カタール

建国記念日??

12月18日はカタールの「建国記念日」です。

カタールは、第1次世界大戦後、イギリスの支配下に入り、1971年9月3日に独立しています。

2015年 カタール建国記念日 image 1

そのため、「独立記念日」は9月3日。

では、「建国記念日は?」というと、、、

カタールは、「サーニー・ビン・ムハンマド」さんが、勢力を伸ばし、1868年に初代首長となりました。

その後、オスマン帝国が進出し、その支配を受けることとなります。

その中で、2代目の首長「ジャシム・ビン・ムハンマド・アル・サーニー」さんが1893年に「オスマン帝国」を駆逐し、サーニー家の支配を確固たるものとしました。

この功績により、2代目の首長「ジャシム・ビン・ムハンマド・アル・サーニー」さんが、カタールの実質的な建国者とされています。

現在のカタールでも、サーニー家の世襲による首長制で統治されています。

サーニー家の礎を築いた初代首長の「サーニー・ビン・ムハンマド」さんが「1878年12月18日」に逝去し、同日、2代目の「ジャシム・ビン・ムハンマド・アル・サーニー」さんが首長になったことから、この日が建国記念日の由来となっています。

その後、第一時世界大戦時からイギリスの保護国となり、1971年のイギリスの、スエズ以東からの撤兵を機に再度独立をしました。

2015年 カタール建国記念日 image 2

2006年までは、「独立記念日」の「9月3日」を重視していたそうですが、2007年以降は「建国記念日」を重視して祝うようになったそうです。

これには、ちょっとした理由があります。

イギリスからの独立時に、近隣諸国(アラブ首長国連邦やバーレーン)と統合し、「首長国連邦」での独立が模索されましたが、これをカタールが拒否しました。

そのため、周囲の国との友好関係を考慮して、拒否をした経緯のある「独立記念日」よりも、「建国記念日」を重視するようになったということです。

ロゴデザイン

文字の色も国旗の配色です。

縦横比が「11:28」と非常に横に長い特徴的な国旗となっています。

カタールのGoogleサイト「اليوم الوطني لقطر」
 → https://www.google.com.qa

検索される言葉は、「カタール ナショナルデー」です。

Like this post? Please share to your friends: