ウィル・ロジャース 生誕140周年

ウィル・ロジャース 生誕140周年 image 0

2019年11月4日

Will Rogers’ 140th Birthday

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

アメリカ

「ウィル・ロジャース」さんって??

Will Rogers:ウィル・ロジャース

アメリカの芸人、映画俳優です。

カウボーイスタイルの芸風で知られています。

「1879年11月4日」に生まれて、「1935年8月15日」に逝去されています。

ウィル・ロジャース 生誕140周年 image 0

そのため、生誕140周年になります。

インディアン準州で、チェロキー族の血を引いた家庭に生まれます。

子供の頃の成績は、あまり良くなく、カウボーイや乗馬に興味を持ち、投げ縄などの練習を行っていました。

その後、牧場で働いていましたが、1901年、友人と共に、アルゼンチンで放牧の仕事をしようと思い、出国します。

そこでは上手くいかず、仕事を求めて南アフリカへと移動しました。

当時の南アフリカは「ボーア戦争」中で、軍馬の飼育係として働きました。

ところが、ここでも戦争がすぐに終わってしまいました。

仕事を無くした彼は、各地を巡業していたサーカス団に入ります。

そこで、乗馬や投げ縄の技術が活かされました。

1904年、アメリカへ帰国すると、ニューヨークにある各劇場でショーを始めました。

彼のロープ芸は評判となり、人気芸人となりました。

さらに、1918年からは、映画へも進出。

ウィル・ロジャース 生誕140周年 photo 1

一躍、スターとなりました。

映画出演に関しては、当初はサイレント映画だったため、舞台で培った話術やアドリブなどが発揮できず、乗り気ではなかったそうです。

1930年代になると、音声がつき始め、精力的に出演するようになりました。

また、ラジオ番組への出演、新聞へのコラムの寄稿など、様々な分野で才能を現しました。

その高い人気のため、彼の発言の1つ1つが大きく取り上げられ話題になることも多かったようです。

そんな人気絶頂時の1935年、世界一周飛行などで知られる飛行士の「ウィリー・ポスト」さんと一緒に飛行中、アラスカ州バローで墜落事故に遭い逝去しました。

2人の墜落した事故現場の近くの空港は、現在「ウィリー・ポスト=ウィル・ロジャース記念空港」と呼ばれています。

彼の所有していたカルフォルニアの持家、馬場やポロの試合場などは、後に州に遺贈され、現在では「ウィル・ロジャース州立歴史公園」として整備されています。

アメリカ映画界の「サイレント」 → 「トーキー」移行期を代表する男優の一人です。

ロゴデザイン

「ウィル・ロジャース」さんがロゴに描かれています。

世界各国の「Google」検索URL 一覧

▼ アメリカのGoogleサイト:Will Rogers
 → https://www.google.com

→→→ 他の国のロゴを表示させる方法

Like this post? Please share to your friends: