「サワディー」を称えて

「サワディー」を称えて photo 0

2020年1月22日

วันเริ่มใช้สวัสดี

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

タイ

สวัสดี:サワディー

สวัสดี:サワディー

タイの挨拶語です。

日本では、「こんにちは」という意味で知られていますが、「さようなら」という意味でも使われます。

時間を問わず使うことができ、合掌をしながら声を掛けることが正しいやり方とされています。

この言葉は、チュラーロンコーン大学文学部の教員であった「ขณะที่พระยาอุปกิตศิลปสาร:プラ・ウッパキットシラパサーン」さんによって、ラジオの放送終了時の挨拶として考案されました。

幸運、幸福という意味のあるサンスクリット語の「svastikaa」が語源になっています。

その後、チュラーロンコーン大学内で学生たちが挨拶として使い始め、広まっていきました。

「1943年1月22日」に、当時の首相「プレーク・ピブーンソンクラーム」さんは、「サワディー」という言葉を公式挨拶として使用することを了承しました。

この日を記念してロゴが変更となりました。

現在ではタイを代表する挨拶として世界中に広く知られています。

ロゴデザイン

ロゴの上部には「สวัสดี:サワディー」の文字が表示されます。

世界各国の「Google」検索URL 一覧

▼ タイのGoogleサイト:สวัสดี
 → https://www.google.co.th

→→→ 他の国のロゴを表示させる方法

Like this post? Please share to your friends: