ニース・ダ・シルベイラ 生誕115周年

ニース・ダ・シルベイラ 生誕115周年 photo 0

2020年2月15日

115º aniversário da Nise da Silveira

115º aniversario del nacimiento de Nise da Silveira

Kỷ niệm 115 năm ngày sinh của Nise da Silveira

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

「ブラジル」をはじめとして、いくつかの国で表示されています。

「ニース・ダ・シルベイラ」さんって??

Nise da Silveira:ニース・ダ・シルベイラ

ブラジルの女性精神科医です。

ニース・ダ・シルベイラ 生誕115周年 photo 1

「アートセラピー」を始め、様々なアプローチで精神治療を実践した方です。

「1905年2月15日」に生まれて、「1999年10月30日」に逝去されています。

そのため、生誕115周年になります。

バイーア医科大学を卒業し、医師となります。

同年に大学を卒業した生徒の中で、唯一の女性であり、ブラジルで医大を卒業した最初の女性でした。

その後、精神医学の医師となります。

1933年より国立精神病院で働き始めます。

1936年には、マルクス主義の本を持っていたことから、共産主義者の容疑で投獄も経験しました。

当時の精神病患者への治療は、電気ショックやロボトミーなどの、人を人として扱わないような治療法(荒療治)が一般的でした。

彼女は、そういった治療を否定し、思いやりのあるリハビリテーション治療の研究と提唱を始めました。

様々なリハビリや治療法を模索しました。

その中の1つが、芸術活動におけるアプローチです。

ニース・ダ・シルベイラ 生誕115周年 photo 0

患者の心のを表現させるために、絵を書かせたり、彫刻を作らせることを行いました。(現在のアートセラピー)

これは、ブラジルだけでなく、近隣諸国の精神患者の治療に大きな影響を与えました。

1952年には、「Museu de Imagens do Inconsciente:無意識の絵画博物館」を開設。

現在では、アートセラビーで創造された35万点に及び作品が収蔵されています。

ブラジルにおける精神治療における先駆者で、様々なアプローチで治療を実践した方です。

ロゴデザイン

「ニース・ダ・シルベイラ」さんが患者に絵を描かせている様子がロゴになっています。

▼ ブラジルのGoogleサイト:Nise da Silveira
 → https://www.google.com.br

▼ ペルーのGoogleサイト:Nise da Silveira
 → https://www.google.com.pe

▼ イタリアのGoogleサイト:Nise da Silveira
 → https://www.google.it

▼ ベトナムのGoogleサイト:Nise da Silveira
 → https://www.google.com.vn

→→→ 他の国のロゴを表示させる方法

Like this post? Please share to your friends: