ディルハン・エリュルトを称えて

ディルハン・エリュルトを称えて photo 0

2020年7月20日

Dilhan Eryurt’u anıyoruz

Celebrating Dilhan Eryurt

Celebrando a Dilhan Eryurt

Zu Ehren von Prof. Dr. Dilhan Eryurt

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

「トルコ」をはじめとして、多くの国で変更されています。

「ディルハン・エリュルト」さんって??

Dilhan Eryurt:ディルハン・エリュルト

トルコの女性天文学者です。

ディルハン・エリュルトを称えて image 1

太陽史や星の形成や発達についての研究で多くの功績を残しています。

「1926年11月29日」に生まれて「2012年9月13日」に逝去されています。

トルコのイズミルで生まれます。

その後、アンカラに移住し、女子校に通いました。

高校では、数学の分野に興味を持ち、卒業後にイスタンブール大学に進学。

数学、天文学を専攻しました。

1946年に大学を卒業。

ミシガン大学や、アンカラ大学で研究を続け、1953年に天体物理学の分野で博士号を取得しました。

1959年から2年間、カナダで研究を行います。

その後、アメリカへと渡り、インディアナ大学のゲーテ・リンク天文台で研究を行いました。

後に、NASAのゴダード宇宙飛行センターでも働きました。

NASAでは、「アルステア・キャメロン」さんと共に、太陽の形成や進化(太陽史)の研究を行いました。

また、「アポロ11号」の月面着陸のプロジェクトにも参加しました。

ディルハン・エリュルトを称えて photo 0

更に、アメリカの様々な大学で、星の形成や発達についての研究を行いました。

1973年にトルコの中東工科大学へと戻り、天体物理学の部門を設立しました。

1993年に引退、第一線を退き、2012年に逝去されています。

「1969年7月20日」に「アポロ11号」が月に月面着陸を行いました。

その日を記念してロゴが変更されました。

関連する過去のロゴ

昨年(2019年)には、「アポロ11号」の月面着陸50周年を記念したロゴが表示されました。

▼ 月面着陸 50周年 (2019年7月19日)

ロゴデザイン

「ディルハン・エリュルト」さんと、天体がロゴに描かれています。

▼ トルコのGoogleサイト:Dilhan Eryurt
 → https://www.google.com.tr

▼ アメリカのGoogleサイト:Dilhan Eryurt
 → https://www.google.com

▼ エクアドルのGoogleサイト:Dilhan Eryurt
 → https://www.google.com.ec

▼ ドイツのGoogleサイト:Dilhan Eryurt
 → https://www.google.de

表示されるGoogleロゴのクリックで検索される言葉は「ディルハン・エリュルト」、「LGBTプライド」です。

Like this post? Please share to your friends: