坂本九を称えて

坂本九を称えて photo 0

2020年10月15日

坂本九を称えて

ロゴ大

ロゴ小

表示された国

日本

「坂本九」さんって??

坂本九

日本のタレント、歌手です。

「上を向いて歩こう」、「見上げてごらん夜の星を」、「明日があるさ」等のヒット曲で知られています。

1941年12月10日に生まれて、1985年8月12日に逝去されています。

坂本九を称えて photo 1

本名は「大島 九:おおしま ひさし」

9番目に生まれたことから、「九」と命名されたとも言われています。

神奈川県川崎市で生まれ、高校時代からロカビリーに傾倒し、バンドボーイとして働いていました。

1958年に「井上ひろしとザ・ドリフターズ(現:ザ・ドリフターズ)」に加入。「第3回 日劇ウエスタン・カーニバル」にも出演しました。

同じ年の年末に、「ザ・ドリフターズ」を脱退し、「ダニー飯田とパラダイス・キング」へ加入。

1960年に「悲しき六十才」、「ビキニスタイルのお嬢さん」などがヒットし、ボーカリストとして知名度が上がっていきます。

彼の独特で個性的な歌い方は、当時は斬新で、注目を集めました。

1961年にソロでリリースした「上を向いて歩こう」が大ヒット。

次第に、ソロでの活動が多くなり、「パラダイス・キング」を脱退。

「上を向いて歩こう」は、「SUKIYAKI」のタイトルでアメリカでもヒットし、1963年6月に「ビルボード Hot 100」で、3週連続1位を獲得しました。

この曲を書いた、作詞家の「永六輔」さん、作曲家の「中村八大」さんを合わせた3人は、「六八九トリオ」と呼ばれ、その後も、「一人ぼっちの二人」、「サヨナラ東京」、「あの娘の名前はなんてんかな」等、多くの曲を生み出しました。

「上を向いて歩こう」の米国でのヒットにより、国際的な知名度も上がり、1964年の東京オリンピックでは、ウェルカムパーティーにゲスト出演も果たしています。

坂本九を称えて photo 2

また、テレビでもタレントとして活躍し、「スター千一夜」、「スター誕生!」、「クイズEXPO’70」等、多くの番組で司会を務めました。

1985年8月12日に、「日航ジャンボ機墜落事故」に遭い還らぬ人となりました。

彼の歌った「上を向いて歩こう」、「見上げてごらん夜の星を」、「明日があるさ」等のヒット曲は、今でも様々なアーティストによりカバーされ、歌い続けられています。

アメリカでもヒットした「上を向いて歩こう」の日本でのレコードリリース日が「1961年10月15日」でした。

その日を記念してロゴが変更となりました。

関連する過去のロゴ

日本の歌手では、「三浦 環」さんや、「美空ひばり」さんが過去にロゴに取り上げられました。

▼ 三浦環 生誕132周年 (2016年2月22日)

▼ 美空ひばり 生誕80周年 (2017年5月29日)

よろしければ、合わせてご確認ください。

ロゴデザイン

「坂本九」さんが、テレビで歌っている様子がロゴになっています。

▼ 日本のGoogleサイト:坂本 九
 → https://www.google.co.jp

Like this post? Please share to your friends: