他の国のロゴを表示させる方法

他の国のロゴを表示させる方法 photo 0

ここでは「2018年2月12日」のロゴを例に説明します。

ブラウザはパソコン(PC)の「Chrome」を利用して説明します。

<>

「2018年2月13日」は、日本では「Doodle スノーゲーム – 5 日目」のロゴが表示されました。

一方、ドイツでは、「Rosenmontag 2018」のロゴが表示されているはずです。

まずは、日本の「Google」検索サイトにアクセスすると、「Doodle スノーゲーム – 5 日目」のロゴが表示されます。

▼ https://www.google.co.jp(日本のGoogle検索)

▼ https://www.google.de(ドイツのGoogle検索)

すると、初期状態だと以下の通りに表示されると思います。

「https://www.google.de」にアクセスしているにも関わらず、左下には「日本」という表示。

他の国のロゴを表示させる方法 photo 1

日本の時と同じロゴが表示されています。

「Google」検索は、アクセスした地域をIPアドレス等で判断して、アクセスした国のサイトにリダイレクトされるので、日本国内のネット環境を利用して「https://www.google.de」にアクセスしても、日本のサイトと同じ状態が表示されてしまいます。

これでは全く意味がありません。

設定の変更

では、どうすればドイツのサイトを表示させることができるのか?? という話になりますが、、、

「ドイツ」のサイトを表示させるためには、右下の「設定」の変更が必要となります。

右下の「設定」メニュー内の「検索設定」を選びます。

その中の地域の設定から目的の国を選択します。

五十音順で国が表示されるので、目当ての国がない場合は「もっと見る」から他の国を表示させます。

他の国のロゴを表示させる方法 photo 2

今回の場合は、ドイツのサイトを表示させたいので、「ドイツ」を選択します。

国を選択後、「保存」して「https://www.google.de」を表示させると、、、

左下の国名が「日本」 → 「ドイツ」に変化し、この日、ドイツで表示されたロゴ「Rosenmontag 2018」が表示されました。

気になるロゴがある場合は試してみてください。

「Chrome」を利用して説明をしましたが、他のブラウザでも同じ手順で表示できると思います。

その他

時差により、各国のロゴの表示時間は異なります。

例えば、日本の「2月13日 午前2時」は、ドイツでは「2月12日 午後6時」です。

そのため、同じ日に同じロゴが表示される国でも、表示されている時間はバラバラですので、その点はご注意ください。

他にも、イベントロゴなどは、日付、時間に関係なく、世界一斉に変化することもあります。

Like this post? Please share to your friends: